docomoからマイネオ(mineo)にMNPする方法!注意点など

マイネオ

マイネオはドコモからの乗り換えにも対応しています。ドコモの料金プランもあるので、ドコモで契約している方はSIMフリー携帯を購入しなくても、現在お使いのスマホを使ってマイネオに乗り換える事も出来ます^^

 

今回はドコモからマイネオにMNPする方法や、注意点などをまとめてみました^^!

 

ドコモからマイネオへの乗り換え方法は?

マイネオへの乗り換え方法は、一般的な乗り換え方法とほぼ同じです。

 

MNP予約番号を取得しておく

現在契約中のキャリアから予約番号を取得しておきます。予約番号を取得する専用の電話があるので、そちらに電話をかけてMNPの旨を伝えると、乗り換え予約番号を発行してもらえます。

 

MNPの予約番号は有効期限があり、マイネオへの乗り換えは【予約番号の有効期限が10日以上ある場合】でないと乗り換える事が出来ませんので注意して下さい。

 

 

マイネオの公式ページで乗り換え申し込みを行う

マイネオ

マイネオの公式ホームページでマイネオへ乗り換え申し込みを行います!申し込み前にeoIDを作っておきましょう。eoIDで申し込み手続きを行う事でスムーズに乗り換える事が出来ます。

 

登録情報の変更/サポートを選択

登録情報の確認/サポートから【MNP転入切り替え/回線手続き】を選択して、説明に沿って入力を行います!

 

その際、現在契約中のSIMカードの台紙に記載してある【ICCID/製造番号】の下4桁を入力していきます。

 

以上でMNP転入手続きは完了です!

 

申し込み時に登録しているメールアドレスに【回線切り替え受付メール】が届くので、そちらにも目を通しておきましょう。

 

ドコモへ転入する際の注意点は?

ドコモは解約時に日割り計算できない

ドコモは他キャリアと違って日割り計算する事が出来ません。なので月初めから解約するよりも、ドコモの場合は月末で解約した方がお得ですよ^^

 

申し込み時間によっては翌日の扱いになる事も

マイネオの申し込み時間は朝9時から夜21時までですが、ドコモの場合のみ夜19時以降の申し込みは翌日取り扱いとなりますので、申し込み時間には注意して下さいね。

 

解約期間の縛りがある方は解約料にも注意!

本体を分割購入されている方は、購入代の残金がある場合は解約時に一括で支払わなくてはいけません。

 

また、契約期間の縛りがある際、解除料がかかる場合もありますが、コチラはキャリアによって金額が異なります。必ずドコモショップで確認するようにして下さい。