マイネオ(mineo)とUQ mobileを徹底比較!何が違う?

マイネオ 比較

スマホ代を安くする為に利用者が増えている格安SIMカードですが、最近では色々な会社から格安SIMカードが販売されています。

 

今回は色々な格安SIMカードの違いを徹底比較していますので、乗り換えを考えている方は参考にして下さいね^^

 

マイネオとUQ mobileの違いを徹底比較!

マイネオもUQ mobileはどちらも格安SIMカードの一つです。何がどう違うのか徹底比較してみました!

 

■マイネオ

マイネオ 

■2年縛りが無し
■余計なオプションなし
■パケットシェアが出来る
■コミュニティサイト【マイネ王】のフリータンクでパケットを分け合える
■動作確認済機種が多い
■マイネオセット端末が多い
■ドコモとauのキャリアプランにも適応している
■オプションが充実している

 

■UQ mobile

UQ mobile

■無料通話もネットもコミコミ
■節約モードでパケット代を節約
■スマホのラインナップが充実
■au4G LTE対応
■人気アプリ11個が無料
■安心のサポートサービスが充実!
■他社からの乗り換えがカンタン
■15日間無料で試す事が出来る

 

両社の料金プランを比較!

■マイネオ
⇒ドコモプラン

ドコモプラン

ドコモプランはデータ通信だけなら【700円〜】で、音声通話プランも組み込むと【1,400円〜】の利用となります。

 

その他SMSについてはデータ通信タイプなら月額120円、音声通話も組み込んだプランなら【無料】となっています。

 

⇒auプラン

auプラン

auプランはデータ通信だけなら【700円〜】で、音声通話プランも組み込むと【1,310円〜】の利用となります。

 

その他SMSについてはデータ通信タイプも音声通話プランもどちらも月額利用料が無料となっています。

 

■UQ mobile
⇒ピッタリプラン(14か月以降は2,980円になります)

ぴったりプラン

無料通話最大3,600円分、最大2GBのデータ容量がコミコミのプランになっています!

 

⇒たっぷりプラン(14か月以降は3,980円になります)

たっぷりプラン

無料通話最大7,200円分、最大6GBのデータ容量がコミコミのプランになっています!

 

プラン比較

 

ドコモやauの回線プランを使いたい場合はマイネオがおススメです。

 

UQ mobileは無料通話とデータ通信料がコミコミのプランで分かりやすいですが、14か月以降はプラン料金が高くなってしまうので注意が必要です。

 

どちらの格安SIMカードも「5分しゃべり放題」が適応されているので、通話料もデータ通信料も抑えたい!という方はマイネオがピッタリです^^


 

その他オプションなどは?マイネオとUQ mobileを比較!

■マイネオ
⇒2年縛りなし
⇒2年目以降も料金の変動なし
⇒手持ちのスマホで変更できる(ソフトバンクもSIMフリー化すれば乗り換え出来ます)
⇒パケットをマイネオ利用者同士で分け合える
⇒トラブル保証も充実
⇒バックアップも安心
⇒ウイルスバスターも適応
⇒安心フィルタリングで子供用にも安心
⇒ウイルスチェックで安心
⇒スマホ操作アシストも充実
⇒無料通話アプリ【LaLa Call】が使える!

 

■UQ mobile
⇒契約期間の定めがある料金プランも
⇒14か月以降の月額料金の変動がある
⇒フィルタリングサービスがある
⇒SMS機能が使える
⇒デザリング機能が使える
⇒音声通話オプションサービス適応(着信転送サービス・割り込み通話サービス・番号通知サービスなど)
⇒端末保証が充実(UQモバイル以外で購入した端末も無料保証または低価格での保証OK)
⇒安心サポートが充実(スマホ・PC・周辺機器の使用サポート)

 

サービス比較

 

マイネオとUQモバイルのサービスの比較をしてみました!

 

マイネオは通常ある【契約期間の縛り】が無いので、UQモバイルと比べると加入しやすいのは断然マイネオですね。

 

また、UQモバイルの月額料は安いですが、14か月以降に料金の変動があるのに対し、マイネオは2年目以降も料金の変動なしという部分も魅力の一つです。

 

端末保証はUQモバイルの方が手厚いですが、安心サポートやバックアップサービスなどの細かいサービスが充実しているのは断然マイネオです!